億り人期待の仮想通貨IOST

IOSTとは?

IOSTは、アルトコインと呼ばれるビットコインやイーサリアムのような主力仮想通貨を補完する役割で運用されています。
仮想通貨の中では、開発された時期は2019年2月と新しく、国内では昨年2020年9月に大手仮想通貨取引所コインチェックでの上場から、仮想通貨取引に携わっている多くのユーザーに知られるようになりました。
日本国内では、再生可能エネルギー電力の取引システム、健康管理記録などのヘルスケア領域でブロックチェーンを活用したサービスの開発を進めており、まさに今後世の中の期待を集める分野で運用される仮想通貨といえます。

IOSTの魅力は安さ

仮想通貨を運用される方の目的は、ほとんどが資産運用ではないでしょうか。
2020年下半期から、2021年の現在にかけて仮想通貨の市場は、2017年の仮想通貨バブル以上に資産価値が高まっています。
ビットコインの国内取引価格は、過去最高を記録しており、これから仮想通貨での資産運用を考えている方にとっては敷居が高いものとなってしまいました。
そこで注目されているのは、今後の運用次第で大幅な値上がりが期待できるアルトコインです。

中でもIOSTは、2020年上半期の0.6円台の取引価格が、2020年下半期には5円台になっており、およそ10倍まで資産を増やすことができました。
IOSTの魅力は、今1桁台の安さにあります。
取引価格が底をついていた0.6円台のころ、興味本位で投資した数万円が数10万円の利益を生んだユーザーも少なくはありません。

IOSTは今が買い時

2020年末に大幅な値上がりを記録したIOSTは、2021年2月にさらに大きな値上がりを見せ、一時7円台を記録しています。
0.6円台で運用を始めたユーザーは、10倍以上の値上がりに盛り上がりを見せていました。
その後、価格は落ち着いて3月半ばの時点で4.5円前後で推移しています。
2017年以降、一時1円台まで値下がりしたNEMネムが40円台で取引されているため、今後さらに10倍の値上がりが期待されています。
取引価格が4.5円前後なので、手持ちの5万円を投資すると、45万円の利益にもなります。
万が一、1円台まで値下がりしてしまっても、4万円の損益に止まります。
初期投資費用が少なく、利益の大きさだけみてみても、IOSTで今後億り人を夢みるのも、資産運用の1つかもしれません。
もちろん、資産価値が高くないアルトコインですので、大きな投資は慎重に検討なさってくださいね。